学校生活

高校

2018/01/05

NRI小論文大賞で7名が受賞

  慶祥高校3年生徒7名がNRI小論文大賞で受賞しました。 7名のうち、柳沼千夏さんは、東京で池上彰氏を前に最終プレゼンをし、優秀賞に輝きました。他、奨励賞に渡辺眞由さん、荻遥馬くん、小山琳くん、内田早耶さん、鈴木航弥くん、新岡翔大くんの6名が受賞しました。

  今年度、慶祥高校の生徒は、小論文で合計12名が受賞しました。

  ※NRIコンテストは、野村総合研究所が企業の社会的責任活動の重点テーマとして掲げる「次世代の社会を担う人づくり支援」の一環として、2006年から毎年開催し、今回で12回目となるコンテストです。これからの社会を担う若者に、日本や世界の未来に目を向け、考える機会を提供することを目的として開催されています。

  今回は、震災復興をはじめ、労働力の減少や産業の衰退といった多くの深刻な課題を抱える地方を対象に、課題解決のビジョンを描き、それを実現するための革新的な考え方や手法(イノベーション)を考え、「地方の課題をイノベーションで解決する。」というテーマが設定されました。