NEWS

お知らせ

2021/03/22

「SSDayⅣが実施されました」

 3月15、16日にSSDayⅣが行われ、高校1年生全員と高校2年生の理系クラスの生徒が今年度のSS課題研究の成果を発表しました。

 高校1年生は9会場に分かれて実施し、1会場に9~10班が集まり、パワーポイントを使って発表しました。研究テーマはユニークなものも多く、質疑応答も活発に行われました。実際に実験をした期間が1か月と短いものだったため思うような結果は出せなかった班が多いものの、来年度のSS課題研究Ⅱにつなげることができたのではないかと思います。研究の難しさや楽しさに触れることができたようでした。

 高校2年生は2~4人で構成された26グループが、ポスター発表に臨みました。10月に行われたSSDayⅡで指摘された点について実験や調査を継続し、1年の成果を発表しました。対照実験の不足や研究対象についての理解不足など、運営指導委員の先生に厳しいアドバイスをいただくこともありましたが、来年度行うSS課題研究Ⅲに活かしたいと話している生徒も多く、頼もしく感じました。

 また、東京工業大学名誉教授である本川達雄先生の講演がZoomで行われました。著書「ゾウの時間、ネズミの時間」に関する講演で、時間についての考え方が、物理学的なものから生物学的なものへ、さらに社会学的なとらえ方へとつながるお話でした。科学の面白さを教えていただいただけでなく、人の生き方まで考えさせられるものでした。