NEWS

お知らせ

2021/04/26

石狩支部春季大会 将棋男子団体準優勝! 将棋男子個人準優勝!第3位!

 4月24日(土)、北海道札幌東高等学校で令和3年度高文連石狩支部囲碁将棋春季大会が開催されました。本校からは囲碁個人戦、将棋男子団体戦、将棋男子個人戦、将棋女子個人戦のすべての部門に出場しました。囲碁はスイス式5回戦、将棋男子は団体戦が総当たり戦、個人戦がスイス式6回戦で、女子はスイス式5回戦で順位の決定が行われました。結果は、将棋男子団体戦で加藤慶太君、村松英泰君、鈴木佑君のチームが準優勝に、将棋男子個人戦では秦一斗君が準優勝、渡邊宙太君が第3位に入賞をしました。

 将棋男子団体戦では、準優勝をした立命館慶祥Aのメンバーは全員が級位者でしたが、有段者がメンバーにいる他校と激戦を繰り広げました。1敗こそしましたが、激戦を勝ち抜き、立派な準優勝でした。

 将棋男子個人戦では、立命館慶祥勢が上位を席捲しました。5勝以上をした生徒が7名いましたが、そのうち4名が本校生徒。そのうち3名が優勝した生徒に敗れてしまいました。秦君は最終局において、2人だけ残った5連勝同士の対決に臨みましたが、接戦の末敗退。ポイントの差で秦君が準優勝、渡邊君が第3位に入賞となりました。また入賞こそ逃しましたが、佐藤雄太君が第4位、堀田和暉君が第5位となるなど本校生徒が大活躍をしました。

 囲碁個人戦や将棋女子個人戦でも、本校生徒が健闘しましたが、あと一歩のところで入賞を逃してしまいました。

 5月に実施される囲碁・将棋、それぞれの全道大会まで残された期間はわずかですが、少しでも良い結果を残せるようにさらに精進を重ねてまいります。これからも応援、宜しくお願いいたします。