NEWS

お知らせ

2023/12/22

お弁当甲子園 佳作!

 鎌倉女子大学主催『第12回お弁当甲子園』にて、本校生徒の村中みなみさん(高校2年生)の作品が佳作に選ばれました。全国333校が参加、応募数11,163作品のうち受賞したのは32作品でした。昨年度に引き続き、立命館慶祥からは2人目の受賞者です。

 高校2年生「家庭基礎」では、栄養素の学習を終えた後の実践の場として、夏休み中に「自宅でのお弁当づくり」に取り組ませています。 夏休み明けの授業でプレゼンを行い、誰に向けて作ったお弁当なのか、お弁当へ込めた想いなどをクラス内で発表しました。どの生徒もクラスメイトが作ったお弁当に興味を示し、互いに良い刺激をもらっているようでした。

タイトル:私から先生へ「美しい先生に送る弁当」


以下、村中さんのコメントです。

 今回は厳正なる審査をしていただき、このような賞を頂けたことに心から感謝しております。普段お世話になっている先生に対する感謝を形にできる機会はなかなかないので、このコンテストを通して想いを伝えることができ、先生が喜んでくださったことが何よりも嬉しかったです。また、自分でお弁当を作った経験はとても少なかったので、誰かに向けてお弁当を作るという経験を通して、これから料理をつくるときなど日常生活にも活かしていくことが出来ればいいなと思いました。お弁当を贈る相手のことを思い浮かべて、必要な栄養素を調べながら調理したので、疲労回復や美容効果が期待できる栄養素についても勉強になりました。先生が授業で伝えてくださったことを応用したお弁当作りができました。


 日頃お弁当を作ってもらっている家族へ感謝の気持ちを忘れずに、高校卒業後にひとり立ちをしてからも「食事づくりへの関心」を持ってほしいと思います。食事を通して「楽しさ」や「人との繋がり」を感じてもらえたら嬉しいです。村中さん、おめでとうございます!