NEWS

お知らせ

2024/02/02

第11回高校生直木賞に参加決定!「新しい読書の扉を開きませんか」

  第11回高校生直木賞に参加する全国47校が発表され、本校が5年連続で参加することが決まりました。文藝春秋社が主催する高校生直木賞とは、全国の高校生たちが集まって議論を戦わせ、直近一年間の直木賞の候補作から「今年の1作」を選ぶ試みです。2023年は本校代表として1年生が出場、第10回受賞作として『汝、星のごとく』を選出しました。高校生らしい着眼点と瑞々しいセンスに溢れる討論は、毎回白熱し、数時間に及んできました。第11回となる今年の候補作は以下の5作品で、本校メディアセンターで貸し出しが始まっています。

  

河﨑秋子『ともぐい』(新潮社)
嶋津輝『襷がけの二人』(文藝春秋)
永井紗耶子『木挽町のあだ討ち』(新潮社)
万城目学『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)
宮内悠介『ラウリ・クースクを探して』(朝日新聞出版)

  

 今後、有志生徒(中学生可)が候補作全作品を読了した上で校内選考会を4月13日13時30分から本校メディアセンターで実施、候補作の評価を決めます。そして4月21日の地方予選大会を経て5月19日に開催される全国大会での議論によって第11回高校生直木賞の受賞作が選ばれます。4月13日開催の校内選考会の参加資格は「4月時点で立命館慶祥中高生」「5作品すべて読了」のみ。4月に本校に入学する新入生も、候補作をすべて読了すれば校内選考会に参加できます。詳細については本校国語科教諭・里見へお問い合わせください。

  

★関連記事★
第10回高校生直木賞に参加決定!「新しい読書の扉を開きませんか」

https://www2.spc.ritsumei.ac.jp/archives/41789

第9回高校生直木賞全国大会出場、『同志少女よ、敵を撃て』 を選出!

https://www2.spc.ritsumei.ac.jp/archives/37944

高校生直木賞全国大会出場!

https://www2.spc.ritsumei.ac.jp/archives/32386

高1小山杏樹さん、高校生直木賞全国大会出場!「読書に燃えた夏を、忘れない。」

https://www2.spc.ritsumei.ac.jp/archives/28757