中学校 部活動

軟式野球部

『考動と超越 -想像を越えた未来を創る-』

立命館慶祥中学校野球部心得(一部紹介)
・野球というスポーツを通じて、毎日の学校生活とは異なる状況下で頭を使うことやグローバル人材に成長する基礎を作ること大事にしています。
・課外活動でしか経験できない異学年とのチームづくりを通して、「教えあい」「学びあい」「鍛えあう」雰囲気を大事にしています。
・私学らしく、創意工夫と考え方を武器に、自分の限界、チームの限界を超えていく高い目標を設定し、その実現に向けて取り組むことを大事にしています。

活動内容

・平日練習は月~金のうち原則3回が練習日です。土日は練習試合、紅白戦、休日となります。平均すると週4回くらいの活動になります。大会がない期間(秋季、冬季)は、日曜日が毎週お休みになります。試験前休暇も充実、各種検定の受検は練習より優先されます。
・2021年春から、高校野球界でご活躍された2名のアドバイザーをチームにお迎えし、個人の技術・チームの戦術面でのアドバイスと練習中のコーチングをお願いしています。
黒土の専用グラウンド有り。冬季間は、硬式野球部室内練習場で室内練習が可能。

顧問

顧 問 : 山口 太一
久末 大介
アドバイザー: 横山蔵人(元 立命館慶祥高校硬式野球部監督)
小城淳一(元 苫小牧東高校硬式野球部監督)

その他

2020年度実績のところは、「コロナ等の事情により各種大会の中止、大会への出場辞退」

関連記事

2019年度

2019/06/11
中学野球部 中体連夏季大会優勝(2年連続優勝)

対外成績

2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度

部活動の様子

江別市営飛鳥山球場で行われた夏季中体連において、トーナメントを勝ち上がり優勝しました。