スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは

文部科学省によって指定される,より先進的な理数教育を行っている高等学校のことです。
立命館慶祥中学校・高等学校は2012年度にSSHに採択され,2017年度に再指定を受けました。

文部科学省では,将来の国際的な科学技術関係人材を育成するため,先進的な理数教育を実施する高等学校等を「スーパーサイエンスハイスクール」として指定し,学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進,観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等を平成14年度より支援しています。(文部科学省HPより)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)(文部科学省)

立命館のSSH

2期目 世界で活躍する科学技術関係人材を育成する

-基礎枠-

日本の科学技術分野においてリーダー的役割を担い,世界に貢献し,世界で活躍する高い見識と国際的なコミュニケーション能力を持つ,科学技術の研究者・技術者などの科学技術人材の資質を育成することを目的としています。下記の3つの指針に則り指導を行っています。

PDF

立命館慶祥スーパーサイエンススクール研究開発概要

(1)科学に関する学力の向上(科学の学力)

課題研究の成果を中心に学力向上を目指します。特に,研究計画の精緻化に力を入れます。

(2)世界で活躍することができる能力の向上(国際コミュニケーション能力)

国際共同課題研究や海外大学進学における活躍を目指した取り組みを向上させ,国際舞台で活躍する資質を育成します。

(3)科学を活用し社会に貢献する能力の向上(科学を社会に生かす能力)

SSHの成果を広く普及し,地域社会や企業との連携を強めることで,社会に貢献できる人材を育てます。

-重点枠-

本校での成果を発展させ,道内の多くの学校と共に国際共同課題研究や国際科学オリンピックのメダル獲得プロジェクトを実施します。また,本校の豊かな国際ネットワークを広げ,多くの高校生に国際舞台で活躍する資質を育てます。

1期目 CCCプログラム

-基礎枠-

総合(Comprehensive),コミュニケーション(Communication),挑戦(Challenge)をキーワードにした,「人,世界,未来をつなぐ科学技術関係人材育成プログラムの開発」を目指して,下記の3つの指針に則り指導を行っています。

PDF

立命館慶祥スーパーサイエンススクール実施図

(1)科学技術と社会を結ぶ総合的な科学教育カリキュラム

科学を深く,広く学び,科学と社会との関係を考える能力を育てます。

(2)国際的な各分野で活躍するための科学コミュニケーション能力を高める教育プログラム

異文化を理解し,世界で活躍できる科学的な思考や態度を育てます。

(3)科学好きな生徒を育成して大学の理系分野へ主体的に進学するためのプログラム

科学技術を活かした進路を主体的に目指す人をサポートします。

対象学年・生徒

  • 高校1学年の全員
  • 高校2学年の理系生徒
  • 高校3学年の立命館SSコース(理系コース)の生徒を中心とするほか,一部の取組については立命館慶祥中学校を含む全生徒を対象に研究課題に取り組んでいます。

SSH通信

2019年02月28日

PDF

SSH通信 第14号
2018年09月03日

PDF

SSH通信 第13号

数理・科学チャレンジ通信